スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< せいれんけっぱく  【作・ろびぃ】 | main | これオススメです。 >>

愛称のつくり方  【作・ろびぃ】

      あやや

 タレント、特にアイドルって必ずといっていいほど愛称があるやろ。今回
はこの愛称について考えてみようと思う。何気なく聞いてるだけやと気づか
へんけど、そこには法則性があるんよね、じつは。

 例えば松浦亜弥やったら「あやや」、宇多田ヒカルやったら「ヒッキー」
ってな具合に。ちょっと古いけど、厚木のヤン○ー上がり小泉今日子の場合
やったら「キョンキョン」。これらの命名はファーストネームから作られた
タイプ(「ファーストネーム派生法」)で、該当するタレントは女性に多いね。

 逆に苗字がベースになるタイプ(「ファミリーネーム派生法」)もあり、
こっちは男性に多いねん。例えばダウンタウンの浜田、松本は「ハマちゃん」
「まっちゃん」、DonDokoDonの山口智充は「ぐっさん」。

 ああ、こんなんもあるで、元ヤクルトの苫篠(元ヤンアイドル松本典子
の夫)は「トマピョン」、江頭2:50は「エガちゃん」などなど。

 しかしじつはこれ以外に人気の命名法があったんよね。その方法とは苗字
(ファミリーネーム)の一部と名前(ファーストネーム)の一部を引っ付け
る方法、名づけて「FF融合法」だ。

 代表例を挙げてみよう。深田恭子の「フカキョン」、浜田省吾の「ハマショ
ウ」、志村ケンの「シムケン」。おお、まだまだあるぞ!古株やったら杉良
太郎の「杉良(スギリョウ)」に榎本健一の「エノケン」、やすしきよしで
「やすきよ」。

 ちょっと変り種なら、萩原健一の「ショウケン」や平幹二朗の「ヒラカン」
などの音読に変えて呼ばせるタイプ、火曜サスペンスでかたせ梨乃が演じる
”希麻倫子”で「キャサリン」のようにちょっと強引なタイプ、また加藤茶の
「カトちゃん」のように「カトチャん」なのか「カトちゃん」(この場合は
ファーストネーム派生法)なのか判断がムズカしいタイプもある。

 この前巷を賑わした”鳥インフルエンザ”は「鳥フル」でデビューした。時代は
どうやら「FF融合法」やね。


 どうです、みなさん。みなさんもこのように愛称を検証してみる気ぃない?
ほんで、もしおもろいのん見つけたら教えてほしい。いっぺん探してみて!
| 多事笑論 | 11:58 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 11:58 | - | - | pookmark |
Comment
タモリの「タモさん」
語感が笑えます
タモさんタモさんタモさんタモさん
2004/09/13 12:34 PM, from BM
コメントありがとうございます。
「タモさん」は「エガちゃん」系ですね。
もともとの芸風もよく似てます。
「噂のチャンネル」でのイグアナ出身やからね。
2004/09/13 2:12 PM, from ろびぃ









Trackback
url: http://gaggag.jugem.cc/trackback/49

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
お知らせ/新着情報
GAGgagからのお知らせ/新着情報はコチラをご覧下さい。

アクセスカウンター
UL5キャッシング

メルマガ『GAG』
バックナンバーは、こちら
両規約に同意して登録退会
ゲストブック
当サイトの感想、提案、要望、苦情など何でもコチラへお書き下さい。
AdSense
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM